神田川を歩く

中野富士見町駅、中野通り〜中野新橋、本郷氷川神社〜山手通り、成願寺〜淀橋、青梅街道〜末広橋、神田川歌詞碑〜東中野駅  約4.5Km

今回は中野富士見町、中野通りから中央線東中野駅までの神田川を歩く。新橋までは川沿いの歩道がないが、新橋から先は河川改修工事が一段落し、川沿いを快適に歩ける。淀橋の先の末広橋のわきに、南こうせつが歌う 『神田川』の歌詞碑が建っている。この辺が歌のモデルなのだろうか。しかし、近年の河川改修、街路整備などにより、現在ではこの歌の世界をみつけることは困難である。

中野富士見町駅近くの富士見橋から先の下流には川沿いの道がないので、駅前の本郷通りをまっすぐに進む。200mくらい歩くと中野通りにぶつかる。ここには京王バスの中野車庫がある。中野通りを渡すのは寿橋である。寿橋から下流方向を眺めると、川のすぐ近くまで民家やアパートが迫り、川沿いの道はない。いかにも都会の密集住宅街を流れる昔からの川といった感じだ。このような状況はこれから先、新橋まで約550mほど続く。この区間の河川改修計画は決定されているが、土地の取得を伴うため、なかなか進まないようだ。

寿橋から先は川沿いの道はないので、右岸の広い本郷通りを歩くか、左岸の細い一般道路を歩くかどちらかである。寿橋のあと本郷橋、柳橋、千代田橋、氷川橋と小さな橋が続く。橋まで出て川を眺め、またもとの道に戻って先を続けることを繰り返すが、どこから見ても川の様子はそれほど変わらない。川沿いに『三畳一間の小さな下宿』のような建物は見られないが、『横丁の風呂屋』は探せばまだあるかもしれない。「神田川」の歌の世界はこのあたりにまだかすかに残っているような気がする。
新橋付近では既に工事が始まっており、工事現場の近くに東京都の「お知らせ」の掲示があるが、内容は工事に伴う用地取得に関するもので、工事の完成はまだまだ先のように感じられる。
新橋一帯は、かつては花柳街があったというが現在ではまったくその名残は見られない。橋そのものは擬宝珠を載せた親柱に朱塗りの欄干という昔ながらの姿を見せ、中野新橋花柳街の面影をかろうじて残している。

新橋を渡って新橋通りを南に少し行くと地下鉄丸の内線の中野新橋駅がある。橋から駅と反対に北に少し行くと右手に福寿院がある。これは元応元年(1319)の創建といわれ、本尊の薬師如来像は弘法大師作と伝えられている。
福寿院の手前の信号を左に曲がって少し行ったところに本郷氷川神社がある。旧本郷村の鎮守であるこの社は、大田道灌が文明元年(1469)に武蔵国一の宮(埼玉県大宮氷川神社)を勧請したものと伝えられる。この神社の狛犬は珍しい親子の姿をしたもので、右のものは子犬に乳を与える姿、左のものは子犬の頭をなでる姿をしたものである。このような狛犬は私もはじめて見た。

本郷氷川神社の狛犬(右)
この狛犬は子犬に乳を飲ませている。左のものは子犬の頭をなでている姿である
このような狛犬の姿は珍しい

本郷氷川神社
大田道灌が1469年に大宮氷川神社を勧請したものと伝えられる。社殿前の一対の狛犬は、珍しい親子の姿である

新橋に戻り先を続ける。新橋から下流の神田川は長い期間河川改修工事をしていたが、ようやく工事が終了し、川沿いの道を連続して歩けるようになった。新橋を境として上流側と下流側では川沿いの景観がまったく違うことに驚かざるを得ない。工事済の護岸の色は明るいオレンジ系の色で、川全体が明るくなっている。いずれ、上流側もこのような姿になってゆくのだろうか。新橋から先、山手通りの長者橋まで桜橋、花見橋、月見橋、中ノ橋、皐月橋、桔梗橋、東郷橋と700mくらいの間に7つも橋がかかっている。いずれも生活道路を渡す橋で、欄干の色は違うがみな同じ形で統一されている。

新橋付近の様子
この周辺は、震災後花柳街として発展し始め、橋の袂から黒板塀の料理屋が続いていたという。これらも昭和50年代から次第に減り始め、現在ではすっかり姿を消し、ありふれた町並みとなった
橋だけが昔の名残をとどめている

氷川橋から新橋方面を望む
新橋付近では既に工事が始まっているのが見えるが、工事区間は土地取得を伴うので、本格着工はまだ先のことだろう

花見橋より下流方向を望む
このあたりからは新宿の高層ビルが近くに望めるようになる。川の両側には遊歩道が整備され、護岸は場所によっては1mくらいかさ上げされ洪水に備えている

桜橋より上流の新橋方面を望む
新橋を境にして護岸と川沿いの建物の様子がまったく違う

川沿いの歩きやすいが緑の少ない遊歩道を歩いてゆくと、やがて山手通りにぶつかる。山手通りは現在首都高中央環状線の工事中で、雑然としている。山手通りを渡す橋は長者橋である。この橋の名は「中野長者」に由来する。
山手通りを渡らずにそのまま中野坂上方面に少し歩くと、左に中国風の派手な山門が建っている。これが「中野長者の寺 多宝山 成願寺(じょうがんじ)」である。お寺のパンフレットから中野長者についての伝説を紹介してみよう。いろいろな話があるので、そのうちの一つである。

中野長者伝説 (お寺のパンフレットより抜粋)
およそ600年の昔の応永年間、この地に鈴木九郎という人が住みつきました。あたりは見渡す限りのススキの原っぱでした。九郎は荒れた土地を少しずつ開きながら、田を作り馬を育てていました。ある日、九郎はやせた馬を1頭連れて馬市に出かけました。途中、浅草の観音様にお参りし、「馬がよい値段で売れますように。馬がよい値段で売れて、その中に大観通宝がまざっていたらそれは全部観音様にさし上げます」と、願いをしました。馬は思ったより高く売れ、喜んで受け取ったお金を見るとすべて大観通宝でした。迷ったすえ、約束どおりすべてを観音様にさしあげ、翌日からは今まで以上に働いて財を成し、中野長者と呼ばれるようになりました。

青梅街道を渡ると、神田川沿いの遊歩道はよく手入れされている。淀橋から先、栄橋、伏見橋、末広橋、柏橋、新開橋、万亀橋、大東橋と続くが、神田川が中野区と新宿区の区境となっている。左岸が中野区、右岸が新宿区で、両岸とも遊歩道が整備されている。それぞれの区が川沿いの緑化に力を入れているが、そのコンセプトには微妙な違いもあっておもしろい。
栄橋近くの中野区側に「神田川四季の道」という案内板が立っている。川沿いの案内図とともに四季を彩る花の一覧が描かれている。中野区は花に力を入れているようだ。一方、右岸の新宿区には「水と緑の散歩道」という案内板が立っている。こちらは緑の多い高木が主体のようだ。桜の木も多い。私が歩いたのは冬の時期で木々は葉を落としていたが、桜や新緑の頃はすばらしい道となるだろう。

 多宝山成願寺本堂
山門から中に入ると、山手通りの喧騒とは別の世界が広がっている。中野長者こと鈴木九郎が創建したと伝えられる曹洞宗の寺

成願寺山門
山手通り沿いに建つ成願寺の山門

長者橋付近の山手通り
環状道路6号線は通称山手通りと呼ばれる。現在は首都高中央環状線の工事が行われ、雑然としている

寺を後に車の多い山手通りを渡って、川沿いの散歩を続ける。山手通りまでほぼ東に向かって流れていた神田川は、このあと大きく北に流路を変えてゆく。宝橋、菖蒲橋、相生橋、豊水橋と続き、広い青梅街道に出る。青梅街道は成子坂を経て新宿方面に向かい、神田川は東中野方面に向かう。青梅街道を渡す橋が淀橋である。この淀橋には、中野長者にまつわる伝説がある。橋の脇に淀橋の名前の由来の説明板が立っているので紹介しよう。これも、いろいろある説のうちの一つである。

神田川にまつわるむかしばなし--淀橋の名前の由来-- (説明板より)
「淀橋」という名前は、徳川家光が命名したといわれています。淀橋と呼ばれる前は「姿見ず橋」と呼ばれていたそうです。この地域の開拓に努めて広大な土地や財宝をえた「中野長者・鈴木九郎」は、自分の得た財宝が盗まれるのを心配して淀橋を渡り、野原(今の新宿中央公園あたり)へこっそりと下男に財宝を背負わせて埋めさせていました。しかし、財宝を隠して野原から帰る途中、橋の下までくると、九郎はこのことが他に知られることを恐れ、下男を切り殺し川の流れの中に突き落としていました。このようなことが何回も続き、橋を渡るときには見えた人が帰るときには姿が見えなかったということから「姿見ず橋」と呼ばれるようになったそうです。江戸時代になって将軍家光がこの地に鷹狩に来たとき、この話を聞いて「不吉な話なので、今後は淀橋と改めるように」と指示し、このときから淀橋の名が定まったといわれています。

青梅街道(淀橋付近)
青梅街道は、もとは太田道灌が江戸城築城の資材として、青梅方面の木材や、石灰などを江戸に運ぶために開かせた道だという。江戸時代には青梅街道として石灰の運搬のほか、江戸市中へのさまざまな生活物資の運搬、沿道の新田開発などに多大の貢献をしてきた

淀橋
「江戸名所図会」ではこの淀橋付近が「淀橋水車」として描かれている。神田川に淀橋がかかり、そこから少し離れたところに大きな水車小屋がある。これは差し渡し5メートルもある大きなものだったという。淀橋付近には料理屋や茶店が軒を並べ、旅人や江戸市中からと見られる人が多く見える

伏見橋付近の神田川右岸(新宿区)
川沿いには桜を主体に高木が植えられている。伏見橋付近にはメタセコイアの並木もある

栄橋付近の神田川左岸(中野区)
川沿いにコブシ、ジンチョウゲ、ツツジ、アジサイ、クチナシ、フヨウ、カンツバキなど四季の花が植えられている

伏見橋の先には、大久保通りを渡す末広橋が架かっている。この橋の中野区側(左岸)に小さな公園があり、その一角に「神田川」の歌詞を刻んだ碑が建っている。この場所にこの碑が建っているということは、「神田川」のモデルはこのあたりだったのだろうか。この碑の存在を知るまでは、私は勝手に「中野新橋」のあたりが歌のモデルだろうと想像していたのだが、こちらのほうが本命かもしれない。末広橋から上流方向を眺めてみると、川も周りの様子も現在では歌の世界とはイメージがまったく違い、スマートな明るい世界に変身している。ただ、近くを通る大久保通り周辺の商店街には下町的な雰囲気が残っているようだ。

歌詞碑にもとづいて「神田川」の歌詞を掲載させていただく。
末広橋の次の橋は柏橋である。この橋から下流方向を眺めると、背の高いビルが2本並んで建っているのが見える。かつて結婚式場「日本閣」のあった場所を再開発してできた高層マンションで、完成したばかりのようだ。柏橋から下流の右岸(新宿区側)には、桜並木が続いている。桜の時期には見事だろう。次の新開橋からはJR中央線の橋梁が見える。このあたりの神田川はまっすぐ北に向かっている。中央線の橋梁の下をくぐると川沿いは公園になっており、トイレもある。すぐ先に大東橋があり、これを渡ってまっすぐ行くと東中野駅は近い。今日の散歩はここまでにしよう。

桃園橋から500mくらいで中野区と杉並区の区境になる。これから先がかつての私のテリトリーだった。杉並区内に入ると緑道の様子も少し変わってくる。カラータイルはなくなるが、一般道路と交差する部分には旧橋名が見やすく表示されている。その中に「旧谷中橋」というのがあった。小学生時代私が一番よく渡った橋だ。付近を少し歩いてみた。周囲の家の様子などは変わったが、道そのものはそれほど変わっておらず、懐かしかった。この道のすぐ先に大久保通りが通っている。この道も雰囲気は昔とあまり変わらない。今ほどではないが、昔も結構車は通っていた。
緑道は少し先で環七にぶつかる。環七は当時(昭和20年代)、だだっ広い未舗装道路で、風が吹けば砂塵が舞い、雨が降ればぬかるむという大変な悪路だった。私の通う杉並第三小学校は当時この道路沿いにあり、この悪路を通らざるをえなかった。その後、都市計画道路としての環七の整備工事が始まり、我々の小学校も段階的に近くの現在地に移転した。環七周辺は大変貌を遂げた。付近の散策に時間を費やしたので、環七から先の桃園川緑道はまた改めて歩くこととし、この日はここまでとした。

神田川歌詞碑
末広橋脇の小公園の一角に建てられている
「神田川」の一番の歌詞が刻まれている

作詞   喜多條 忠
作曲・歌 南こうせつ

神田川   

貴方は もう忘れたかしら
赤い手拭 マフラーにして
二人で行った 横丁の風呂屋
一緒に出ようねって 言ったのに
いつも私が 待たされた
洗い髪が芯まで 冷えて
小さな石鹸 カタカタ鳴った
貴方は私の 身体を抱いて
冷たいねって 言ったのよ
若かったあの頃 何も怖くなかった
ただ貴方のやさしさが 怖かった

貴方は もう捨てたのかしら
二十四色の クレパス買って
貴方が描いた 私の似顔絵
うまく描いてねって 言ったのに
いつもちっとも 似てないの
窓の下には神田川
三畳一間の 小さな下宿
貴方は私の 指先見つめ
悲しいかいって きいたのよ
若かったあの頃 何も怖くなかった
ただ貴方のやさしさが 怖かった

神田川歌詞碑の建っている小公園は、桃園川緑道のスタート地点にもなっている。かつて桃園川という川が流れ、末広橋の近くで神田川に合流していた。近くに説明板があり、この川は昭和41年に暗渠化されてしまい、現在はその跡が緑道化されているという。私は、桃園川には小学生時代の思い出がある。緑道の説明を読んでいるうちに懐かしくなり、日を改めて緑道を歩いてみようと思い立った。今日はそのまま先を続ける。末広橋のすぐ下流に桃園川の開口部が見える。

桃園川が神田川と合流する地点
暗渠化された桃園川はここで神田川と合流する。桃園川は下水化されたというが、ここに出てくる水はきれいだ

桃園川緑道のスタート地点
桃園川緑道は末広橋脇のこの地点から阿佐ヶ谷付近まで約4.5Kmほど続いている

桃園橋より桃園川上流方向を望む
橋跡から一段低いところをかつての桃園川跡が続いている

中野通りに架かる桃園橋跡
親柱が残されている。桃園川を代表する橋だった

末広橋付近の桃園川緑道
中野区内の緑道はカラータイルが敷き詰められ、両側には植え込みが続いている

現在の環七の様子
昭和20年代、この道は未舗装のだだっ広い悪路だった。この道の道路沿いに当時の小学校があった

現在の大久保通りの様子
桃園川を渡った後、この大久保通りを渡った。道自体は当時とそれほど雰囲気は変わっていない

桃園川旧谷中橋付近の様子
小学生時代、私はこの橋で桃園川を渡り通学した

次の日、環七から先の桃園川緑道を歩いた。これから先は子供時代の私のテリトリー外で、あまり思い入れはないので、タンタンと歩く。途中、高円寺駅前から続く賑やかな商店街を横切る。この商店街は毎年夏に阿波踊り大会を開催し、多くの見物客が訪れる。さらに進むとやがて前方に中央線の高架線路が見え、緑道はここで終点となる。阿佐ヶ谷駅の少し手前あたりの地点だ。付近は緑道が少し広くなり、道の脇に杉並区内の緑道の詳細地図が描かれた説明パネルがある。地図を眺めているうちに、また、さまざまな想い出が浮かんできた。

私の小学生時代のテリトリー
北端に中央線、南端に青梅街道が東西に走り、その中間に桃園川と大久保通りが通っている。そして、南北を貫いて環七の前身の広い未舗装道路が通っていた

桃園緑道終点付近
緑道はこの少し先で中央線の高架線路にぶつかり終点となる。ここには緑道の説明パネルなどが設置されている。右の地図はこの説明パネルに描かれたものの一部である

高円寺駅前商店街
桃園川はここを横切っていた。現在この商店街では毎年夏に阿波踊り大会が開かれ、たくさんの人が集まる

寿橋から神田川下流方向を望む
民家やアパートが川の近くまで迫り、護岸は低い。一帯は洪水の常襲地帯である。河川改修計画は決定されているがまだ進んでいない

寿橋と中野通り
橋の脇には京王バスの中野車庫がある。中野通りには何系統ものバスが頻繁に走っている

末広橋から神田川上流方向を望む
右手が中野区で、橋の脇に「神田川」歌詞の碑が立っている

末広橋
この橋は大久保通りを渡す。大久保通りはバスも通り、それほど広くはないが商店街の続く賑やかな道である

大東橋付近の様子
右岸は公園になっており、トイレもある。橋を渡ってまっすぐ行き左に曲がれば東中野駅はすぐである。高層マンションの建っている場所はかつて結婚式場「日本閣」があった

新開橋より下流方向を望む
少し先に中央線橋梁がある。線路のすぐ脇、神田川沿いに二本の高層マンションが最近完成した
右岸には桜並木が続いている

末広橋脇の小公園には、前に見た「神田川」歌詞碑のほかに「桃園川緑道」の大きな説明板が立っている。ここに中野区内の緑道の詳細地図が描かれている。それによると桃園川は大久保通りとほぼ並行して流れていたことが分かる。
スタート地点から歩き始めると、遊歩道にはカラータイルが敷き詰められ、道の両側には植え込みなども整備され気持ちよく歩くことができる。大久保通りにほぼ並行しているせいか、緑道沿いには大きなアパート、マンションなども多い。狭くて車の多い大久保通りを避けてこの道を生活道路として使う近隣の人も多いようだ。
山手通りを越え、やがて中野通りに達する。ここにはかつての桃園橋が親柱とともにそのままの形で残されていた。橋跡から階段を下りてゆくと、緑道はさらに先にのびている。

桃園川緑道を歩く    約4.5Km

神田川の散歩が東中野まで終了した後、日を変えて末広橋から始まる桃園川緑道を歩いた。
桃園川は、かつては地表を流れる自然河川だったが、昭和41年にはフタがかぶされ暗渠化してしまった。私は昭和30年まで杉並区高円寺に住んでおり、小学校の行き帰りには必ずこの川を渡ったものだ。当時から既に半分ドブ川だったような記憶があるが、懐かしい川である。現在、川にフタをした部分が緑道として整備されている。末広橋からJR中央線阿佐ヶ谷駅手前の高架線路まで、中野区と杉並区にまたがる延長約4.5Kmにおよぶ遊歩道である。