かつての神田上水の流路図(説明板より)
大洗堰で取水された上水は上図点線の流路を通って水戸屋敷にのびていた。その跡が現在、巻石通りとして残されている

江戸川橋から下流の左岸には、かつての神田上水の流れた跡が道路として残っている。当初は開渠の水路だったが明治になって暗渠化され、その上が一般道路となった。そのときの暗渠に石が巻いてあったのでこの道路のことを巻石通りと呼ぶようになったという。江戸時代の神田上水は下図のように水戸屋敷(現在の小石川後楽園の地)を通し、現在の水道橋東側で神田川を懸樋(かけひ)で渡し、神田・日本橋方面に給水した。この上水は江戸時代から長い間、江戸・東京市民に大きな役割を果たしたが、1901年(明治34年)、飲用水としての給水を停止し、その使命を終えた
神田川を歩く

江戸川橋駅〜巻石通り(神田上水跡)界隈散歩〜牛天神、諏訪神社〜隆慶橋〜築土八幡神社〜飯田橋駅  約5Km

江戸川橋から飯田橋まで歩く。神田川には高速道路が覆いかぶさるようになり、川沿いはあまり快適な散歩道とはいえない。神田川に沿って神田上水路の跡が道路として残っているので、主にこの道を歩く。この道沿いには旧跡が多い。

江戸川橋交差点を渡って橋の反対側から江戸川公園方面を望むと、高速道路がここで大きく曲がり、神田川沿いに走るようになる様子が見える。これは池袋方面から来る首都高速5号線で、これから先、飯田橋まで神田川の右岸を目白通りと並行して走ることになる。ただ、この付近では高速道路が川の上全部を覆うことはほとんどなく、川面の輝く姿を何とか見られるのはせめてもの救いである。
江戸川橋から先、右岸には目白通りの歩道があるが、左岸には民家が迫り川沿いの道はない。右岸の目白通りを進めば飯田橋までは近いのだが、高速道路の下を目白通りの喧騒とともに歩くのはまったく面白くないので、左岸の一般道路を進むことにする。

仲之橋の下流すぐ先には斜めに架かった新白鳥橋が見え、その先で川とそれに沿った高速道路が大きく右にカーブしているのが見える。このまま川沿いの道を歩いてゆけば飯田橋まではもうすぐである。この仲之橋のすぐ前にトッパン小石川ビルがある。この地域ではランドマークとなるノッポビルである。このビルには、印刷博物館という施設が併設されている。印刷に興味のある方は見学されるとよいだろう。(入場料一般300円、月曜休館)
私はここで一息ついた後、一つ手前の小桜橋まで引き返し、そこから巻石道に出て先ほどの続きを歩くことにした。

石切橋からは、左岸につけられた道を通って次の西江戸川橋まで歩く。この橋にも橋の由来を書いた説明板がある。橋の架けられた時期は不明だが、明治20年ごろの地図にはこの橋が記載されているという。この橋のすぐ下流に小桜橋が見える。
小桜橋も西江戸川橋と同じようにピンクに塗装されている。この橋の北側には賑やかな商店街が続いており、これをまっすぐに行くと先ほどの巻石道に出ることができる。

小桜橋の下流には仲之橋が見える。仲之橋にも橋の由来の説明板がある。それによるとこの橋の架けられた時期は明確ではないが、江戸時代初期に刊行された「寛文江戸図」の中には無名ながらこの橋を見つけることができる。明治時代中頃、仲之橋から石切橋までの間、両岸一帯に桜が植えられ、東京市内屈指の桜の名所として知られていたというが、その後の河川改修により次第に失われていった。説明文の横に「東京江戸川の桜」という明治時代に撮影された写真が掲載されている。ちょうど小桜橋付近の位置から見たものと思われるので、現在の写真と並べてみた。これが同じ場所から見た風景とはとても思えない。

東京江戸川の桜
仲之橋の由来の説明板に掲載されている写真(新宿歴史博物館所蔵資料より)左の写真の100年くらい前の姿である向こうに見える橋は仲之橋だろう

小桜橋より仲之橋を望む
江戸時代には仲之橋の下流には隆慶橋、上流には石切橋しかなく、その間にある橋なので仲之橋と名付けられたという。明治時代この橋付近の両岸一帯は桜の名所だったという

トッパン小石川ビル、印刷博物館入口付近
トッパン小石川ビルはこの付近ではランドマークとなるノッポビルである。このビルの川寄りに印刷博物館の入口がある

仲之橋より下流を望む
すぐ先に斜めに架かった新白鳥橋、その少し先に白鳥橋が見える。神田川と高速道路はそのあたりで大きく右に曲がる

安藤坂の横断歩道を渡って巻き石通りを少し行くと信号があり、左に曲がる坂道と右に曲がるカラー舗装の細い道がある。まず、左に曲がって緩い坂を登って行くと右手に牛天神北野神社の長い石段と鳥居が見える。
牛天神北野神社の祭神は菅原道真で、元暦元年(1184)源頼朝の創建と伝えられる。頼朝が東国追討の折、ここで船をつなぎ波のしずまるのを待っていたところ、夢の中に牛に乗った菅公が現れ、二つの吉事があることを告げた。夢が覚めて足元を見ると牛の形をした岩があり、これを牛石と伝えている。頼朝は、後に世継ぎの頼家に恵まれ、平家をも討ち、まさに夢のとおりになった。これが社殿を寄進したいわれという。
もとの巻石通りに戻り、今度はカラー舗装の道に入る。少し行くと諏訪神社の大きな石柱が建っており、その奥に黒い鳥居と社殿が見える。境内は狭いが、昭和39年まではこの付近の町名はこの神社にちなんで諏訪町となっていた。江戸名所図会には「牛天神社 牛石 諏訪明神社」としてこの付近の様子が描かれているが、牛天神と諏訪神社の間には神田上水が流れ、橋がかけられている。

江戸川橋下流側より江戸川公園方面を望む
池袋方面からやってきた首都高速5号線がここで大きく向きを変え、神田川沿いに走るようになる

江戸川橋より下流方向を望む
神田川右岸沿いに首都高速5号線と目白通りが並行して走る。飯田橋まで基本的にこの形は変わらない

私は江戸川橋から飯田橋付近までは、基本的にかつての神田上水の跡である巻石通りを歩き、神田川の橋がある場所では必ずその橋に寄り道することにした。
巻石通りを道なりに歩いてゆくと少し先に大日坂下という信号がある。この通りの左手は、小日向(こひなた)台地という高台になっており、左に曲がる道はすべて坂になっている。この信号を左に曲がると大日坂という坂になり、右に曲がると神田川の華水(はなみず)橋に出ることができる。

大日坂下信号付近
信号で左に曲がると大日坂、右に曲がると神田川の華水橋に出ることができる

江戸川公園付近から神田川下流方向を望む
神田川の左岸、目白通りの向こうにまっすぐにのびているのが巻石通り

信号を右に曲がって少し行くと、すぐ先が華水橋である。この橋は架け替えられて日が浅いようで新しい。橋から下流を眺めると次の掃部(かもん)橋は架け替え工事中だ。並行して走る目白通りの歩道もこの部分では通行止めになっており、もし、目白通りを歩く場合でもこの部分は迂回しなければならない。
巻石通りに戻り、大日坂を少し歩いてみると近くに、坂の名前の由来が書いてある。それによると坂の途中にかつて大日堂というお堂があったのでつけられたのだろうという。現在ではそのお堂はない。

華水橋より下流を望む
次の橋は掃部(かもん)橋であるが、架け替え工事中である。目白通りの歩道も通行止めとなっている

華水橋
江戸川橋の次の橋である。架け替えられて日が浅いようで、まだ新しい。目白通りの歩道と接している

巻石通りを進むと左手に文京区立第五中学校が見えてくる。この学校の入口付近に「黒田小学校跡地」という説明板が立っている。
この場所には、かつて黒田小学校があった。黒田小学校は明治11年、公立小学「黒田学校」としてここに創立された。当時この付近に居住していた黒田長知(旧福岡藩主)が明治維新功労金を東京府に寄付し、学校設立を請願した。東京府はその篤志を永久に伝えるため、校名を「黒田学校」とした。卒業生の中には永井荷風、黒澤明、松平恒雄(元宮内大臣)などがいる。その後、昭和20年の戦災で焼失し廃校となり、その跡は現在の第五中学となった。
五中の先を左に曲がると、服部坂である。近くに説明板があり、江戸時代、坂の上に服部権太夫の屋敷があったので服部坂と名付けられたという。ここで巻石通りを右に曲がれば古川橋に出ることができる。

服部坂
第五中学に隣接した坂道。坂の上に江戸時代服部家の屋敷があったので名付けられた

文京区立第五中学
かつてこの場所に黒田小学校があり、永井荷風なども学んだ。その時代の名残の藤の木が正門右側に移植され、今も花を咲かせている

巻石通りを右に曲ってまっすぐ行くと古川橋がある。古川橋から下流を見ると、すぐ先に石切橋、その先に西江戸川橋などが見える。古川橋から石切橋の間は左岸には川沿いの道が無いので右岸の目白通りを通って石切橋まで歩く。この間100mくらいである。
石切橋の脇に「石切橋の由来」という説明板があった。これによると、この橋は江戸時代の初期、寛文年間(1661〜73)に架けられたといわれ、かつてこの橋の周辺に石工が住んでいたことからこの名がついたらしい。石切橋から下流には左岸にも川沿いに道路がつけられている。

古川橋より下流を望む
少し下流に石切橋、その少し先には西江戸川橋が見える。

石切橋
橋の脇に「石切橋の由来」の説明板が立っている。江戸時代初期からある古い橋のようだ。明治時代、この付近では最も大きな橋だった

小桜橋
この橋の北側には小桜商店街が続いており、まっすぐに行くと巻石道に出ることができる

西江戸川橋より下流を望む
西江戸川橋にも橋の由来の説明板が立っている。すぐ先に小桜橋が見える。左岸の大きなビルはトッパン小石川ビル

小桜橋から北にまっすぐ歩いてゆくと、途中に十字路があり、それを越えてさらに少し進むと巻石通りに出る。ここで左に曲がって先ほどの五中付近まで戻り、そこから改めて歩きなおす。この間、約500mほどである。
五中付近の昭和41年までの旧町名は「小日向水道町」であった。承応年中(1652〜55)から、町は神田上水定浚(じょうさらえ)を命ぜられたので、水道町と名付けられたという。さらにこれに続いて「水道端」という町名もあった。これも水道(神田上水)の端にあったからつけられた名前である。通り沿い右側に「水道端図書館」があり、かつての地名が残されている。
この付近の左手には寺院が多い。その中の一つに本法寺というお寺がある。このお寺は夏目漱石の菩提寺として知られている。ここには漱石の母、長兄、次兄などが葬られているため、漱石はしばしば足を運んだという。その少し先に小日向信号があるが、先ほどの小桜橋からの道はここに出てくる。

本法寺、夏目漱石の菩提寺
ここに漱石の母、兄弟などの墓があり、しばしば訪れたという。「坊ちゃん」の清の墓もここに設定しているという

巻石道、小日向信号付近
十字路になっており、右に曲がると小桜橋に出ることができる

小日向信号で左に曲がると荒木坂という坂道になる。坂の途中に説明板がある。そこからさらに少し上ると地下鉄丸の内線の検車区がある。
巻石道に戻り少し行くと、また左に坂道がある。これは今井坂といい、これも途中に説明板がある。この坂を登った左手には明治34年以降、徳川慶喜が住んでいた。慶喜はここで趣味三昧の生活を送り、大正2年に没した。この坂の左側には、下からずっと白い防護用の塀が建てられており、中を覗くことはできない。しばらく前まで財務省の宿舎があったようだが、現在は国際仏教学大学院大学の建設工事が始まっている。坂の上に「徳川慶喜終焉の地」という説明板も立っているが、塀のため中の様子はまったくわからない。

荒木坂
坂の上に荒木志摩守の屋敷があったので名付けられたという。少し先に地下鉄の検車区がある

今井坂の様子
今井坂の名は、坂の上の屋敷に「今井兼平」の名前を付けた兼平桜があったのでつけられたという。晩年の徳川慶喜がこの坂の上に住んでいた

巻石通りに戻り、先を続ける。今井坂に接して金富(かなとみ)小学校がある。この小学校の少し先にまた、坂道がある。この道は金剛坂といい、これも坂の途中に説明板が立っている。なお、この説明板までの間に切り通しの陸橋があり、その下を地下鉄丸の内線が走っているのが見える。丸の内線はこの付近から茗荷谷駅まで地上を走っているのだ。
この金剛坂付近に永井荷風が生まれ育った家があった。荷風はこの坂を通って先ほどの黒田小学校に通ったという。荷風は昭和16年久しぶりにこの坂を訪れ、昔を懐かしんでいる様子を日記に記している。
巻き石通りをさらに進むと広い通りに出る。この道は白鳥橋から続く道で、少し先は安藤坂という坂になっている。この通りを渡ってもう少し巻石通りを進もう。

安藤坂信号
この広い通りは白鳥橋に続く道である。道はゆるい登り坂で、安藤坂という

金剛坂
近くに金剛寺というお寺があったので名付けられたという。付近で生まれ、少年時代を過ごした永井荷風は、この坂を通って黒田小学校に通った

諏訪神社
社地は狭いがこのあたりの旧町名はこの神社にちなんで諏訪町といった

牛天神北野神社
長い石段を上った台地上にあるが、頼朝の時代には台地の下まで入江が迫っていたという。社殿の前に「牛石」と呼ばれる岩がある

諏訪神社の前の道を先に少し行くと広い新しい道にぶつかる。この道はまだできたばかりのようだが、新隆慶橋から続いており交通量は結構多い。横断歩道を渡ると大きな飯田橋ファーストビルがあり、その前は大規模な再開発工事が行われている。この一角はしばらく前までは古い町並みが残っていたが、すっかり取り壊されてしまった。
この広い道を神田川方面に歩いてゆくと、すぐ先に新隆慶橋が架かっている。この橋の下流すぐ先に古い隆慶橋が見える。

新隆慶橋
新しい道路を渡すために架けられた橋。下流のすぐ先に古い隆慶橋が見える

飯田橋ファーストビル、再開発事業地方面を望む
諏訪神社からの道は新しい広い通りにぶつかり、通りの向こうには広い再開発事業地が見える。しばらく前までこの一角には味わいのある町並みがあった

新隆慶橋の上流側には白鳥橋、新白鳥橋が架かっている。川沿いに道があるので、これらの橋も見ておこう。先ほど、巻石通りに出る前に仲之橋まで見たが、その次の橋は新白鳥橋である。この橋の付近で神田川は東から南に大きく流れを変える。また、このあたりから川幅も広くなり、高速道路は川の上を通るようになる。新白鳥橋、白鳥橋はすぐ近くにかかっているのだが、両方とも交通量は結構多い。

白鳥橋から下流方向を望む
この橋から下流は川幅が広くなり、川の上を覆うように高速道路が走るようになる

新白鳥橋
この橋は川に対して斜めにかかっている。広い道だが橋の下流側には歩道がない。神田川はこの橋のすぐ先で東から南に大きく向きを変える

神田川の右岸沿いの目白通りを歩いてゆくと飯田橋交差点に出る。ここは広い道が五つも集まる一大交差点である。目白通りはここで外堀通りと一緒になり東に向きを変える。神田川も外堀と合流し、東に向きを変えて今度は外堀通り沿いを流れてゆく。その他、九段下から若松町方面に向かう大久保通りがこの交差点を通っている。この交差点は東京の中でも最も交通量の多いものの一つだろう。飯田橋駅がすぐそばにあるので人の流れも大変多い。通りの上には巨大な歩道橋が設けられている。私もはじめてこの歩道橋の上から川と道路の様子を見たとき、何がどうなっているのかよく理解できなかったので、近くにあった案内図を元に付近の略図を描いてみた。
神田川に架かる大きな橋は船河原橋である。これは外堀通りを渡している。もう一つ外堀にかかっている橋が飯田橋である。橋の規模としては船河原橋のほうがずっと大きいが、知名度という点では飯田橋にかなわない。なお、飯田橋の下には外堀の水路が見えるが、すぐ先で暗渠になってしまい、その上はホテルなど大規模なビルが建てられている。

飯田橋付近の状況を眺めたら、最後の寄り道をしよう。先ほどの図の大久保通りを少し行くと、道の右側に築土(つくど)八幡神社の大きな石標が立っている。神社の建っている場所は高台で、境内は牛込台の突端部に位置している。
この八幡神社は、平安時代の頃に一人の老翁が八幡宮のお告げを受け、この地の松に白い鳩がとまったことから築土八幡宮として崇めたことに始まるという。境内には雌雄の猿と桃の木をあしらった寛文4年(1664)の舟形庚申塔などもある。

築土八幡神社社殿
戦災で焼失したが昭和38年に再建された
右は境内にある猿と桃を刻んだ舟形の庚申塔

築土(つくど)八幡神社参道
大久保通りに面した参道。境内まで長い石段が続いている

築土八幡神社を見学した後、飯田橋交差点に戻る。飯田橋駅はすぐそばである。今日歩いた江戸川橋から飯田橋までは目白通りをまっすぐに歩けば2Km弱で、30分もかからない距離なのだが、かなりあちこち寄り道したのでだいぶ時間がかかった。今日はここで切り上げることとし、飯田橋駅から電車で帰宅した。

若松町方面へ

歩道橋の上から神田川上流方向を望む
神田川に架かっている大きな橋は船河原橋である。この橋の下流すぐのところで神田川は直角に向きを変える。高速道路も同じである

飯田橋交差点付近の略図
神田川と首都高速はここで大きく向きを変える

江戸川橋へ

水道橋へ

九段下へ

神田川

飯田橋駅

JR中央線

外堀(暗渠)

首都高速

築土八幡神社

大久保通り

目白通り

神田川

外堀通り
外堀通り