神田川を歩く

御茶ノ水駅〜駿河台、ニコライ堂〜聖橋〜湯島聖堂、神田明神〜昌平橋〜秋葉原、万世橋、和泉橋〜浅草橋〜柳橋、隅田川合流点  約4Km

今回は御茶ノ水駅から浅草橋先の隅田川との合流点まで歩く。井の頭池から約25Kmにおよんだ神田川の散歩も今回で終着点に達する。

神田川といえば、大方の人がイメージするのがJR御茶ノ水駅付近の風景ではないだろうか。中央・総武線の電車に乗っていれば、必ずといってよいほど目に飛び込んでくる風景である。この辺りの神田川は江戸時代に開削されたものだが、対岸の正面から上流にかけて広がる風景は都心では貴重なものである。

ホームより聖橋方面を望む
下流方向には緑は少なくなるが、聖橋の特徴ある姿が風景を引き締めてくれる。橋の向こうには地下鉄丸の内線の橋梁が姿を見せている

御茶ノ水駅ホームよりお茶の水橋方向を望む
駅ホームから正面、神田川上流方面には緑も多く、電車利用者の心を和ませてくれる

御茶ノ水駅西口を出て東口方面に向かう賑やかな通りを茗渓通りという。神田川に並行した道で、かつてはこの付近からの眺めは「茗渓」「小赤壁」などと称されたというが、今は商店が建ち並びそのような風景を眺めることはできない。
御茶ノ水駅南側の台地は駿河台といわれる。神田川が掘削される前は本郷台の一部だったが、川によって分断され独立した台地となって、駿河台と呼ばれるようになった。駿河台への道はすべて坂になっており、古くからの道には名前がついている。
茗渓通りを少し行くと、右に下ってゆく坂道がある。この坂道を池田坂という。池田坂を下ってゆくと右手に太田姫稲荷神社という古い神社がある。大田道灌の娘が重い疱瘡(ほうそう)にかかった際、山城国の一口(いもあらい)神に祈願したところ平癒したので、江戸に勧請したという。この神社は当初江戸城内にあったが、徳川家康の入府とともに神田の地に移された。

太田姫稲荷神社から池田坂を戻ると、途中で右に曲がる下り坂がある。この坂は紅梅坂という。この道沿いにニコライ堂がある。このニコライ堂は正式には、日本ハリストス正教会教団復活大聖堂といい、日本最古のビザンチン風建築物である。明治17年から7年がかりで24年に完成した。施主は布教活動をはじめとする様々な文化的な活動に貢献した大主教サーツキン・ニコライで、現在見られる建物は震災後の昭和4年に復興されたものである。昭和37年には国の重要文化財に指定されている。

ニコライ堂を見学した後、紅梅坂を下ってゆくと広い本郷通りに出る。本郷通りを登って行けば聖橋に出る。聖橋は御茶ノ水駅東口に接しており、駅前で本郷通りを渡ると総武線の線路に沿って下ってゆく坂道がある。これは淡路坂といい、名前のいわれを書いた表示板が立っている。かつてこの坂を登りきったところに先ほど見た太田姫稲荷神社があった。このためこの坂のことを「一口坂」とも称したという。昭和6年、総武線の線路が敷設される際に、神社は先ほど見た場所にそっくりそのまま移転した。
聖橋の上から下流方向を眺めると、上流方向とは対照的な風景が広がっている。すぐ前には地下鉄丸の内線の橋梁が神田川を横切り、その先では総武線の鉄橋が神田川を一跨ぎし、さらに高架鉄橋が秋葉原駅方面にのびている。聖橋の少し先からは川沿いまでビルが迫り、緑は見られなくなる。

聖橋を渡り左岸に移ると、橋の下には外堀通りが通っている。こちらも下り坂で相生坂という。左側には湯島聖堂があり、右手には神田川が見えるが、少し先から川の脇に建物が建ちはじめこれから隅田川合流点付近まで川沿いの道はなくなってしまう。本郷通りから湯島聖堂への入口があるので、聖堂に立ち寄り見学する。
湯島聖堂の前身は、幕府の儒官林羅山により上野忍ヶ岡に建てられた孔子廟である。元禄三年(1690)、五代将軍綱吉の命により湯島に移され、名称を「聖堂」と改めた。学問を好んだ綱吉は、この聖堂を幕府官学の拠点と位置付け、全国から旗本や藩士の子弟を集めた。寛政九年(1797)には聖堂西側に学寮、学舎を増築し、名前も昌平坂学問所と改めた。明治10年には東京大学設立の母体の一つとなった。
聖堂の建物は江戸期を通じて何度か火災で焼失し、その都度再建されている。現在の正殿(大成殿)は震災後の昭和12年に完成した鉄筋コンクリート造りのものである。近くに宝永元年(1704)に造られた入徳門が残っているが、ちょうど工事中で見学できなかった。

湯島聖堂大成殿
震災後の昭和12年に再建され、鉄筋コンクリート造りとなった
休日だったので前の広場で太極拳をする人たちの姿が見られた

聖橋より左岸外堀通りを望む
左側に湯島聖堂の長い塀、右側には神田川を望めるが、少し先で道沿いに建物が建ちはじめ川は見えなくなる

湯島聖堂を見物した後、本郷通りに戻り先に進むと、国道17号線にぶつかる。ここで右に曲がり、坂を下ってゆくと左手に神田明神の鳥居が見えてくる。
神田明神は、社伝によると天平二年(730)、武蔵国豊島郡柴崎村(現千代田区大手町・将門首塚のあるあたり))に創建され、元和二年(1616)にこの地に移転した。祭神は大己貴命(大国主命)で、これに平将門を合祀している。古くから庶民の信仰を広く集めていた。その象徴ともいえるのが隔年9月に行われる神田祭である。現在でも大変な賑わいを見せるが、江戸時代には山車行列が田安門から江戸城内に入り、将軍の御覧に供した。このことから、赤坂日枝神社の山王祭とともに、いわゆる天下祭の一つとなっていた。

神田明神社殿
関東大震災で焼失し、昭和9年再建。権現造・鉄筋コンクリート、総漆朱塗。国の登録有形文化財

神田明神随神門
戦災で焼失したが、昭和51年に再建された
総檜・入母屋造り

神田明神鳥居
中山道(国道17号線)に面して建っている。鳥居脇で明神甘酒を飲ませる「天野屋」は弘化三年(1846)創業の老舗だという

鳥居前から国道17号線の坂を下って行くと昌平橋交差点に出る。この交差点で国道17号線と外堀通りが交差する。ここまで神田川沿いに進んできた外堀通りはここで右に曲がり、昌平橋を渡って神田川とは別れてゆく。
昌平橋は、車道と歩道が別々の橋で、並行した3本の橋が架けられているような構造をしている。この橋の下流側左岸に大きな水路が口をあけているのが見える。これは水道橋の先で見たお茶の水分水路の出口である。

昌平橋から眺める鉄道関係施設の姿は興味深い。上流方向を見ると総武線が斜めの長い鉄橋で神田川を渡り、その高架鉄橋のまま秋葉原駅方面に向かっている。下流方向を見ると、中央線がなかなか趣のある赤煉瓦造りの高架の上を走っており、その先には万世橋が見える。中央線にはこの煉瓦造りの高架の上にかつての「万世橋駅」の名残が今でも残っている。

お茶の水分水路の出口
水道橋の先に見えたお茶の水分水路の出口である。川に並行してもう一本の水路を作ることで排水能力を高めている

昌平橋
昌平橋は外堀通りを渡す。歩道と車道の間は隙間が開いており独立した橋のような構造になっている

昌平橋より下流方向を望む
中央線の赤煉瓦造りの高架が続く。先に見える橋は万世橋

昌平橋より上流方向を望む
総武線は鉄橋で神田川を渡り、中央線は川沿いに進む

昌平橋から先、神田川沿いの道はなくなるので、並行する一般道路で迂回しなければならない。左岸には国道17号線、右岸には中央線の煉瓦造り高架沿いの道がある。高架線路沿いの道を行くと、かつての交通博物館の建物がある。この博物館は長い間、多くの人に親しまれてきたが、2006年5月14日に閉館した。2007年10月からは、さいたま新都心で「鉄道博物館」として再スタートしている。
次の橋は万世橋である。この橋は国道17号線を渡す。秋葉原駅前の電気店街から続く道で、車も人通りも大変多い。橋の脇に説明板が立っている。それによると、はじめはこの場所には橋がなく、約150m上流に筋違橋門に付属する橋があった。明治5年に門が解体されたとき、不要になった枡形石垣を転用して、門の跡に東京最初の石橋が架けられ、万世橋と命名された。その後、明治39年には街路計画変更に伴い撤去されている。現在の万世橋の場所に橋ができたのは明治17年のことで、上流の昌平橋が流失したため代用として昌平橋が架けられた。上流の昌平橋が復旧すると、この橋は新万世橋と改称し、明治36年には鉄橋に改架されて万世橋と再度改称した。現在の橋は震災の後、昭和5年に架け替えられた。

万世橋の先にはJRの在来線と新幹線の鉄橋がかかっている。この新幹線の鉄橋に併設するような形で川を渡る歩道橋がある。はじめは新幹線の工事用の仮橋だったのだが、工事が終了した後もぜひ残してほしいという要望が強く、一般用の歩道橋として残され、「神田ふれあい橋」と名付けられた。ビルの間の細い道を入ってゆくのだが、知る人ぞ知る橋で結構人通りも多い。
この橋から右岸の川べりに柳森神社が見える。この辺りからの下流一帯は、江戸時代には柳の植えられた土手で、柳原土手と呼ばれたという。昔は町屋が土手の南側下まで並んでいたので、人は土手上を通行していた。柳森稲荷(柳森神社)は土手下にあって元禄8年(1695)、はじめて社が完成し繁昌したという。この土手も明治6年には崩されてしまった。
柳森神社の境内は狭いが、合祀された神社の小さな祠がいくつも並んでいる。また、「富士講関係石碑群」「力石群」など遺物が多く集められ、それぞれに説明板が立っている。

柳森神社境内の様子
江島大明神、秋葉大神、金毘羅宮、福寿神など多数の合祀神社の小さな祠が並ぶ。富士講関係石碑群、力石群などの遺物も多い

柳森神社
神田川べりにあるが、江戸時代にはこの辺り一帯は柳原土手といわれた。この神社は土手下に元禄時代に建てられたという

神田ふれあい橋
はじめ新幹線橋梁工事用の橋として架けられたが、工事終了後も一般用歩道橋として残された

柳原土手跡の道を進んでゆくと、広い通りに出る。これは昭和通り(国道4号線)で、和泉橋がこの通りを渡す。この付近にはJR、地下鉄の秋葉原駅があり、橋を通る人の数も多い。左岸の橋の脇が小さな公園になっており、そこから川辺に下りてゆく階段があり、船着場が設置されている。ここは「和泉橋防災船着場」である。日本橋川でも見たが、大規模災害時にはここから船で防災拠点まで脱出することができる。神田川では、もう一箇所水道橋の上流左岸にあるが、ここより規模は小さく、ちょっと分かりにくい場所にある。

和泉橋防災船着場
和泉橋の上流左岸側に設けられている防災用の船着場。付近は小公園になっており、本格的な防災設備といえるだろう

和泉橋
昭和通り(国道4号線)を渡し、上には首都高が走っているので橋の幅は非常に広い。JR秋葉原駅東口、地下鉄日比谷線秋葉原駅、都営地下鉄岩本町駅などが近くにあり、人の流れも多い

和泉橋から次の美倉橋までの間の左岸は、江戸時代佐久間河岸と呼ばれた。延宝年間(1673〜81)に材木商人が起立した町屋といわれ、町名も佐久間平八という材木商の名にちなむという。この付近には現在も神田佐久間河岸という町名が残っている。
美倉橋は清洲橋通りを渡す。橋の名前の由来は、江戸時代付近に三つの蔵地があり、これが「三蔵地」と俗称され、その後町名として「美倉」となったという。橋名はここからきている。

美倉橋
清洲橋通りを渡している。現在の橋は昭和4年に架橋された

「神田佐久間河岸」町名表示
和泉橋から美倉橋までの左岸にはかつて河岸があり、現在も町名として残っている

次の橋は左衛門橋である。この橋の上流左岸を江戸時代左衛門河岸と称していたのが橋名の由来という。ちょうどこの橋の辺りで、千代田区東神田、中央区東日本橋、台東区浅草橋と三区が接している。それぞれの区の特徴的な町名が接して張り合っている感じが面白い。
この橋は総武線浅草橋駅西口からも近く、隅田川にも近いので、橋の下流側にはたくさんの屋形船が係留されている。これから先、浅草橋、柳橋とずらりと船が並び、左岸には船宿(乗船受付所)が多く見られるようになる。

左衛門橋より下流方向を望む
JR総武線浅草橋駅西口から近く、この橋の下流にはたくさんの屋形船が係留され、船宿も多くなる
少し先に浅草橋が見える
左衛門橋
付近に出羽鶴岡藩酒井左衛門の下屋敷があり、それが河岸名、町名になり、橋名の由来となった
次の橋は浅草橋である。現在の浅草橋は国道6号線を渡す大きな橋である。浅草橋駅東口にも近く人も車も多い。橋の近くには「浅草見附跡」の碑があり、説明板が立っている。
江戸幕府は、主要交通路の重要な地点に櫓、門、橋などを築き江戸城の警護をした。奥州街道が通るこの地は、浅草観音への道筋にあたることから、築かれた門は浅草御門と呼ばれた。また、警護の人を配したことから浅草見附といわれた。この場所にはじめて橋がかけられたのは寛永十三年(1636)のことである。往古の奥州街道は、後の日光東照宮への参詣道として整備され、日光街道と呼ばれるようになった。日本橋を起点に浅草橋、蔵前、浅草雷門、小塚原、千住大橋を経て千住宿、草加、越谷方面へと通じていた。
広い国道6号線を渡り、橋から下流方向を眺めると、左岸には船宿が並び、屋形船への乗船場所となっている。右岸の川沿いには次の柳橋まで柳の植えられた遊歩道が続いている。

右岸の遊歩道を行くと、柳橋に出る。この橋の少し先で神田川は隅田川に合流している。柳橋は神田川に架かる最初の橋であり、大きな橋ではないが、鋼鉄製のいかにもどっしりとした感じの橋である。近くに説明板が立っている。
柳橋は、元禄十一年(1698)にはじめて架けられた。神田川が大川に注ぐところにあったことから、その当時は、川口出口之橋と呼ばれていたが、橋のほとりに柳が植えられていたことからいつしか柳橋と呼ばれるようになった。現在の橋は、昭和4年に架けられたもので、ローゼ形式の橋である。
柳橋といえば、戦前までは花柳街として有名だった。柳橋花柳界は明治期から大正、昭和と時代を経るにつれ、北側がその中心として賑わいを増していった。維新の頃は、薩長出身の政府高官たちがもっぱら新橋を贔屓にしていたのに対し、柳橋は江戸っ子に根強い人気があったと伝えられる。現在は、付近には大きなマンションなどが建ち並び、昔の面影はまったく感じられない。
橋の上から隅田川を望むと、すぐ近くに両国橋が見える。神田川の散歩の最後に、この両国橋を渡って対岸から神田川の姿を眺めることにした。

浅草橋より下流方向を望む
左岸には船宿が並び、屋形船の数も多い。右岸は次の柳橋までの間、柳の植えられた遊歩道になっている

浅草橋付近の様子
橋の北側脇に浅草見附跡の碑が立っており、付近は小さな公園になっている。橋を渡る道路は国道6号線である
総武線浅草橋駅東口に近く人通りも多い

柳橋より隅田川合流地点を望む
すぐ先に隅田川に架かる両国橋が見える
対岸には首都高速6号向島線が長く続いている

柳橋
神田川に架かる最初の橋である。現在の橋は鋼鉄製のローゼ橋で昭和4年に架けられた

両国橋を渡り、東詰の橋の袂から神田川を眺めた。神田川との対比で隅田川を見ると、やはりとてつもなく大きな川である。江戸の人たちが隅田川のことを「大川」と呼んだ気持ちがわかるような気がする。日常見慣れた町中の神田川や掘割などの感覚からすれば、隅田川はまさに大川なのだ。私も神田川散歩の最後に、隅田川の大きさを改めて感じたことを記して締めくくることにしよう。

万世橋
この橋にはいろいろな変遷があるが、現在の橋は昭和5年にかけられたものである。国道17号線(中央通り)を渡す

赤煉瓦造りの中央線高架
この高架の上にかつての万世橋駅の名残が一部残っている

太田姫稲荷神社
太田道灌の娘が疱瘡を患った際に、一口(いもあらい)の里の故事を聞いた道灌が人を使わせて祈願したところ平癒した。このことから一口(いもあらい)神社ともいわれた

茗渓通り
御茶ノ水駅西口と東口を結ぶ賑やかな通り。かつてはここからの神田川の眺めが「茗渓」「小赤壁」などと賞賛されたという
が、現在は商店が建ち並んでいるばかりである

聖橋より下流方向を望む
上流方向とは対照的に川辺までビルが迫り、緑は見られなくなる

淡路坂(一口坂)
神田川の南側を線路沿いに下ってゆく坂。道路わきの木に「元宮」という表示板が掲げてあり、この場所に太田姫神社があったが、昭和6年総武線の開通により移転したと書かれている

ニコライ堂内部の様子
正教会で特徴的なイコン画もいくつか見られる。日本最初の女流画家・山下りんはニコライ司教の援助でロシアに渡って絵の勉強をし、後にイコン画家として多くの作品を残した

ニコライ堂
日本ハリストス(キリスト)正教会の復活大聖堂であるが、大主教ニコライが建てたので、通称ニコライ堂と呼ばれている。昭和37年には国の重要文化財となり、駿河台のシンボル的な存在である

両国橋東詰め付近より神田川河口を望む
井の頭池に端を発した神田川は、約25Kmを流れ下ってここで隅田川に注ぐ

あとがき

歩き始めたときには、4回ぐらいで終わるかなと思っていた神田川の散歩も、終わってみると9回にも及んでしまいました。歩いているうちに、川の変遷や周囲の歴史をほとんど知らないということに気がつき、途中からは関連のガイドブックや各区別の歴史書などを参照しながらの歴史散歩となりました。私にとっては、まさにふるさとの歴史再発見の散歩でした。
いずれ、また機会を見て神田川とは兄弟にあたる善福寺川や妙正寺川も同じように歩いてみたいと思っています。