「ヒマラヤの山を見ながら、山の街道を歩いてみたいな」。こんな思いがいつの頃からか強くなってきました。2年程前にツアーに参加しようとしたこともありましたが、そのときはネパールの国内情勢が芳しくないということで、中止になってしまいました。

今年(2003年)に入り、国内情勢も好転したようだという情報もあり、決行するべく計画を立てました。私の長男夫婦が何回かネパールやインド方面に旅行しているので、一緒に行ってもらうことにしました。長男は英会話ができ、ワイフはヒンディができるので、鬼に金棒です。
私も、一緒に行ってくれる相棒を探したところ、会社の同僚、大学時代の友人など3名が参加してくれることになり、私を含めて6名の個人旅行グループが出来上がりました。

当初、11月16日から26日までの11日間の予定でしたが、前後に2日ずつの飛行機の遅れがあり、結局12月2日までの17日間の旅になってしまいました。また、途中マオイストに遭遇するなどハプニングもありましたが、ネパールのすばらしい自然、人々との楽しいふれあいを経験することができました。

・ネパール街道歩き旅

ネパール最新事情

・ネパール雑感 
アンナプルナ・トレッキング編
ネパール街道歩き旅
プーンヒル(3200m)からのダウラギリ、アンナプルナ方面の眺望

こちらもどうぞ

東海道歩き旅
スイスアルプスの山旅