京王線を京王多摩川駅で下り、電車の進行方向に歩いてゆけばすぐに川の土手が見えてくる。交通量の多い道路を横断すれば、多摩川はすぐ目の前に流れている。
今日は、これから多摩川の左岸(上流から下流に向かって左側)を下流に向かって歩く。川沿いに遊歩道があり、気持ちのよい道である。川辺を歩けば車の音も気にならない。
やがて、上河原堰堤が見えてくる。このあたり、堰堤をバックにした川の風景、堰堤であぞぶ子供達など、写真の絶好のポイントである。(駅から堰堤まで約1.5Kmくらい)
堰堤付近でのんびりと写真などをとった後、また歩き進める。同じような気持ちの良い遊歩道が続いており、のんびりと歩く。やがて、前方に新しい水道橋が見えてくると小田急線の駅が近い。
水道橋(世田谷通り)を渡って登戸駅に出てもよいし、橋を渡らずに和泉多摩川駅に出てもよい。(堰堤から和泉多摩川駅まで約3.5Kmくらい)

京王多摩川駅(京王線)〜和泉多摩川駅(小田急線) 約5Km
隅田川を一通り歩き終わった後、次はどこを歩こうかと考えた。私は京王線の沿線に住んでおり、子供のときから多摩川は一番身近な川であった。そんなことから、自然に足が多摩川に向いた。このときには、まだ多摩川を上流まで歩きとおそうというはっきりとした意識はなかった。気軽な散歩として京王線から小田急線まで歩いてみようと思い立ったものである。
多摩水道橋
上河原堰
上河原堰付近の多摩川
多摩川を歩く1
このコースは、駅からも近く全体の距離も比較的短いので、川辺の散歩道ウォーキング入門としては最適でしょう。途中には上河原堰堤があり、付近の景観は季節、時間によって変化があろので、何度訪れてもよいところです。
見どころなど