京王多摩川駅(京王線)〜関戸橋〜中河原駅(京王線)   約9Km
前回で多摩川の河口まで達したので、これからは中流から上流に向かって歩けるところまで歩くことにした。とりあえず今日は中流編の第1日目として京王多摩川から是政、関戸橋を経て京王線中河原駅まで歩いた。
京王多摩川駅から多摩川土手に出て、前と同じ左岸を今度は上流に向かって歩き始める。土手の上はサイクリングロードになっていて、時折サイクリング車が気持ちよさそうに走り抜けてゆく。少し先に多摩川原橋があり、橋の下を通り抜ける。このあたりからは遊歩道が設けられ、前にもあった「多摩川岸辺散策路」の標識が立てられている。
遊歩道を歩いてゆくと前方に橋が見えてくる。稲城大橋(有料)である。この橋はまだ新しいが、中央高速と連結しており周辺の端の混雑緩和に大変役に立っている。さらに歩いてゆくと、2本の高い塔のようなものが見えてきた。これは是政橋で、ちょうど改修工事のため周りが黒い防護網で覆われ、何か異様な感じだった。是政橋の近くには西武多摩川線の是政駅もある。(京王多摩川から是政橋まで約5Km)。その少し先には、JR南武線の鉄橋がある。鉄橋を越え、さらに歩くと関戸橋が見えてくる。古い長大な橋である。ここで川から離れ、京王線の中河原駅に向かう。橋からの道をまっすぐに行けば中河原駅にぶつかる。(是政橋から中河原駅まで約4Km)
見どころなど
久しぶりに多摩川中流域に戻ってきたが、やはりこのあたり下流、河口付近に比べるとのどかで気持ちが良い。これといった見所はないが、それぞれの橋が個性があって面白い。

関戸橋
是政橋
稲城大橋
土手のサイクリングロード
多摩河原橋
多摩川岸辺散策路の標識
多摩川を歩く5