このコースのハイライトは、後半の羽村堰である。ここで玉川上水の水を取り入れている。羽村から先は残念ながら川に沿って歩く道がなくなってしまう。一般的には、羽村までを多摩川中流とするようである。したがって、多摩川中流編はこのコースで終わりとなる。
拝島駅〜睦橋〜羽村堰〜小作駅(青梅線)  約9Km
拝島駅から睦橋まで約1.3Km.。国道16号線を渡ってしばらく一般道路を歩けば睦橋に着く。
土手の道を少し進むと前方に五日市線の鉄橋が見えてくる。この付近に「多摩川左岸 海から50Km」の標識が立っていた。大きな川には土手の上にこのような標識が多いところでは2Kmおきぐらいに立っていて、おおいに歩く励みになる。
鉄橋を越えると、多摩橋、永田橋と続く。多摩川の川幅が下流に比べると狭くなってきたせいか、このあたり橋の数が多くなってきた。
永田橋を過ぎて少し行くと羽村大橋が見えてくる。このあたりも川辺のすぐ近くを歩くことができ、のんびりと釣りをしている人の姿が印象的だった。羽村大橋の少し先には、羽村堰下橋という歩行者専用の橋がかけられている。これは羽村郷土博物館への往復のための橋として使用されている。歩行者専用としては立派な橋である。
羽村堰下橋のすぐ上が羽村堰になっている。多摩川が広い階段状になっており、その上で子供達が喚声をあげながら遊んでいる。土手上はちょっとした公園になっていて、ここには玉川上水を完成させた玉川兄弟の像が建っていた。すぐ近くには玉川上水の取水口がある。
ここからは青梅線の羽村駅が近い。しかし、この日はまだ時間が早かったので次の小作(おざく)駅まで歩いた。さて、羽村堰の少し先からは川沿いの土手道がなくなってしまう。河原を歩ける部分もあるが長くは続かない。仕方がないので、川からできるだけ離れないように一般道路を歩くしかない。
玉川上水の取水口
玉川兄弟像
羽村堰
羽村堰下橋
羽村大橋
釣り人のいる風景
多摩橋
五日市線鉄橋(海から50Km標識)
睦橋
多摩川を歩く8
このコースの見どころは、やはり羽村堰と玉川上水の取水口だろう。堰を設けて多摩川の水を玉川上水に注ぎ込むようにしている。玉川上水はここから江戸市内まで延々と水を運び、江戸時代の重要なライフラインとなっていた。これを開削した玉川兄弟の像が上水を見おろすように建っている。なお、現在はここで取り入れた多摩川の水は東村山浄水場に導水されているようである。
見どころなど