小作駅を降りて川の方向に向かって歩いてゆくと、奥多摩街道が走っている。これを少し立川方向に戻ると川のほうに向かう広い通りがあり、これを歩いてゆけば多摩川橋に出る。多摩川橋の下には降りることもでき、釣りをしている人もいる。しかし、少し先で川辺を歩ける道はなくなってしまい、一般道を歩くことになる。今、地図で見てみると3km近くこのような道を歩き、ようやく下奥多摩橋に到達する。初めて「奥多摩」の名前がつくだけあって、このあたりの多摩川はいかにも上流域という感じになってくる。
多摩川は青梅あたりから上流域に分類するようである。上流編の第1日目として、前回の続きの小作駅から青梅の釜の淵公園を経て、青梅駅まで歩く。釜の淵公園あたりからは、確かに上流域に入ったという感じがする。
小作駅〜多摩川橋〜下奥多摩橋〜釜の淵公園〜青梅駅 
約9Km
下奥多摩橋から800mくらいの距離に調布橋がある。橋の少し手前に川へ降りる道があり、ようやく多摩川の水にふれることができた。ここから見上げる調布橋は、真っ赤な橋げたと緑のコントラストがなかなかよかった。調布橋は青梅街道から別れた秋川街道が通っており、結構交通量が多い。
左岸の青梅街道を行くと、途中で多摩川が大きく蛇行する個所が見られる。ここは現在、釜の淵公園として整備されている。
公園には国道から道が通じており、これを降りてゆくと歩行者専用の橋(「柳橋」)がある。これを渡れば公園である。公園は少し小高くなっており、林になっている。川辺に下りると蛇行の様子がよく分かる。川の流れがぶつかるほうには岩壁があり、その対岸は白い砂洲となっている。川辺に「多摩川右岸 海から61Km」の標識があった。小高い岸辺に戻って先に行くと、もう1本の歩行者専用橋「あゆみ橋」がある。一通り散策してもと来た道を戻り、国道を青梅市民会館方面にまっすぐ行けばJR青梅駅はすぐである。
見どころなど
このコースからは川辺に沿って歩くことはできなくなるので、橋から見た風景とか川辺の公園などが見どころとななります。なかでも下奥多摩橋、調布橋付近の多摩川の風景はなかなか素晴らしい。釜の淵公園は多摩川の自然の蛇行がそのまま残されています。案内図の写真でも分かるように、蛇行の典型的な地形です。青梅駅から近いので、この部分の散策だけでも行ってみる価値があります。
ところで話は変わりますが、多摩川を河口から水源まで完全遡行した御仁がいます。この方は河口(羽田)から連続ぶっ通しで歩き、水源の笠取山水干に6日目(1日雨のため停滞)に到達しています。若い頃には沢登りを専門にやっていた山屋(本人の弁)で、あるとき思い立って実行に移したそうです。この方は川辺を歩けないときは原則として一般道に迂回しない。川の中を歩くか、対岸に渡渉してとにかく「川を歩く」ことを貫き通しています。今回のコースあたりから、多摩川もだんだんと渓谷の趣を見せ始め、この方の水流紀行もだんだんと佳境に入っていくようです。興味のある方は、著書(「多摩川水流紀行」大内尚樹)をご参照ください。





同 多摩川の大蛇行部
釜の淵公園「柳橋」
釜の淵公園案内図
下奥多摩橋から上流方向の眺望
下奥多摩橋
多摩川橋
多摩川を歩く9
青梅街道から釜の淵公園を望む
調布橋