井の頭公園地内を流れる玉川上水
この付近で昔見た急流の様子が印象に残っている今の流れからは想像できないほど深かった

井の頭公園地内の玉川上水べり
新緑、紅葉の季節にはぜひ訪れたいところだ

かつての四谷大木戸は現在の甲州街道(新宿通り)の四谷4丁目交差点にあり、その付近に玉川上水水番所もあった。その交差点の手前道路わきに説明板が立っており、つぎの三つの説明がある。

・玉川上水水番所跡(史跡)
昔の玉川上水は、羽村の取水堰からここまでは開渠で、ここから先は石樋、木樋といった水道管を地下に埋めて通水した。水番所には、水番人1名がおかれ、水門を調節して水量を管理したほか、ゴミの除去を行い水質を保持した。云々。

水道碑記(すいどうひのいしぶみ)
玉川上水の由来を記した記念碑で、高さ460センチ、幅230センチの大きなものである。明治28年(1885)に完成した。



四谷大木戸跡碑 
この碑は説明板の裏側に立てられているが、昭和34年の地下鉄丸の内線の工事で出土した玉川上水の石樋を利用して作られた記念碑である。実際の大木戸の位置はここから80m先の四谷4丁目交差点のところだという。
(写真左上は玉川上水水番所跡。左下は現在の四谷4丁目交差点の様子)



水番所跡から歩き始め、新宿御苑の大木戸門口に回る。現在、ここから新宿御苑の境界柵に沿って遊歩道が設けられているが、これが玉川上水の跡である。しばらく前まではこの部分は新宿御苑の中で、入場料を払わなければ通れなかったが、最近柵の位置が変更され、昼間は自由に通行できるようになった。土曜日の朝であり、犬の散歩をさせている人が多かった。
甲州街道で山手線陸橋を越え、文化服装学院の大きなビルの辺りから玉川上水の緑道が始まる。この辺は最近整備されたばかりだが、ここから代田橋付近まで緑道公園としてつながった。

山手通りを渡ると、その先からは本格的な玉川上水旧水路緑道公園となる。かつての玉川上水の旧水路跡を細長い公園にしたものである。京王線が地上を走っていた昭和30年代末までは新宿〜幡ヶ谷付近までは玉川上水、京王線、甲州街道が3本並列で走っていた。その頃の玉川上水は、水道原水の導水路としての役割を終えていたので、水量は少なかったが電車の窓からよく見えた。私の高校時代の懐かしい思い出である。その後、京王線は地下にもぐり、それからかなり遅れて玉川上水も埋め立てられ、両方あわせて緑道公園となった。このため、この区間は面積も広く、この種の公園としては比較的ゆったりとしている。また、雑木も程よく配置され、、四季を通じて格好の散歩道となっている。私も、ほかに歩く予定のないときには、新宿まで4Km弱のこの道をよく歩く。

緑道(上水路跡)は次第にゆるく曲がってゆき、甲州街道から離れる。これは、この区間は甲州街道沿いは窪地になっており、上水路としては不適なためこれを避けているのである。その後、急に北西に方向を変え笹塚駅付近でまた南西に変えているが、この付近は巧妙に台地の背を選んで掘り進んでおり、上水掘削技術陣の苦労のしのばれる部分である。
なお、北西への変極点(Dの都道との交差地点)までの緑道は渋谷区管理、それから先は世田谷区管理となり、様相はがらりと変わる。

緑道は再び渋谷区の笹塚地区に入る。この部分で玉川上水旧水路が地上に姿をあらわす。この水路は200mくらい続き、笹塚駅前の広場でいったん姿を消したあと再び姿をあらわし、さらに250mくらい続いて姿を消す。両方あわせて500mたらずの開渠であるが、今では貴重な存在になった。面白いことに、この開渠の部分はすべて渋谷区である。周辺の住民は当初、周りと同じように暗渠化を望んだが、笹塚は渋谷区のはずれでなかなか行政の手が及ばなかった。そのうちに住民の間から旧水路を歴史遺産として残そうという機運が盛り上がり、渋谷区の部分が残されることになった、というのが実情のようだ。

笹塚駅前の旧水路はさすがに通行の邪魔になるせいか蓋をかぶせられているが、ちょうどこの辺りで水路は直角近くに曲がっている。駅前の遊歩道に沿ってまっすぐに行くと先ほどの水路の続きが見えてくる。この辺りの水路は水がせき止められ、水量が多く見える。よく見ると、大きな鯉がたくさん泳いでいた。私は今回はじめて気がついたのだが、いつ頃から放流されたのだろうか。
ところで、この水路の水はどこから流れてくるのだろうか。小平から流されている処理下水はここまでは流れてこないはずである。橋の上から見ると上流右手に土管があり、そこからきれいな水が音を立てて流れ込んでいる。この辺に湧水があるという話は聞いたことがないが、これが原水の一つになっていることは確かである。

1999年(平成11年)、東京都は玉川上水の宮本橋(福生市)から四谷大木戸水番所跡までの開渠水路(約28Km)を「東京都歴史環境保全地域」に指定した。ここ笹塚地区に残された開渠部分も当然その地域に含まれるわけで、その旨の立看板もたてられている。地元住民としては素直に喜びたいが、上流区間約250mの両岸に設けられた高さ2m近いフェンスは何のためのものだろう。環境を荒らされないようにというのであれば、あまりに短絡的すぎる。せめて、下流側並みの低い防護柵にしてほしいものだ。

さて、渋谷区の短い開渠部分が終わると再び世田谷区の緑道公園になる。この辺は緑道というよりも児童公園といったほうがふさわしい。ちょうど土曜日の午前中で、母親たちの監視のもとに子供たちが走り回っていた。玉川上水跡は、こんなところにも役立っているのだ。
緑道は環七を地下道で越える。その先も少し緑道が続き、そのすぐ先で再び玉川上水の旧水路が少しだけ姿をあらわす。水路の近くまで降りてゆける階段があり、そこから水路と明治時代風の橋が見える。

旧水路は橋から先、甲州街道まで約150mくらい続いている。水路の上には京王線の代田橋駅のプラットフォームがある。線路から甲州街道までの間の両岸には武蔵野の樹木も残り、明治時代風の煉瓦造りの護岸が残っている。その少し先で旧水路は暗渠になり、地上から姿を消す。この延長上には甲州街道にかけられた代太橋があったが、今の甲州街道にはその片鱗すらも見られない。

昭和31年の東京都23区区分地図帳を見ると、甲州街道を越えた先に街道と並行して玉川上水旧水路が載っているが、現在はそれらしい跡はない。その後、この辺の甲州街道は拡幅されているからそのときに飲み込まれてしまったのだろう。
甲州街道に沿って少し歩き、井の頭通りを右に曲がってすぐのところに白い大きなタンクが二つ並んで建っている。これは和泉給水所で、ここから新宿新都心方面に給水されている。ここから井の頭通りを渡った先は、杉並区の玉川上水公園となっている。

D‐2 世田谷区管理の緑道
カラー舗装などで、雰囲気を変えている。比較的新しく整備されたようだ。

D 世田谷区管理の緑道
都道を渡ると渋谷区から世田谷区になり、様子ががらりと変わる

E-2 玉川上水旧水路1
笹塚地内を流れる旧水路(笹塚駅より下流部分)

E 開渠から暗渠に変わる部分
開渠部分が渋谷区(笹塚)、暗渠の緑道部分が世田谷区となる

玉川上水緑道公園(世田谷区内)
再び世田谷区内に入り、児童公園化される

G 旧水路跡にかかる明治時代風の橋
環七を越えて少し先で旧水路が再び現れ、明治時代風の橋が架かっている

G

F

E

D

C

B

A

@

玉川上水跡(玉川上水旧水路緑道) 四谷大木戸跡〜代田橋 約4.5Km

玉川上水跡公園を進んでゆくと、井の頭線を陸橋で越える。歩いていると橋になっているのが分かりにくいが、この部分で水道鋼管が地上に姿をあらわす。2m以上もある大口径の鋼管だ。二本あるというが、一本は橋の下を通っているようだ。線路を越えるとまたすぐに地下にもぐる。

玉川上水跡公園は、明大和泉校舎のわきを通り、甲州街道にぶつかるところで終わる。これから先しばらくの間は上水跡は甲州街道に飲み込まれてしまい見えない。
甲州街道に沿って明治大学、築地本願寺和田堀廟所を過ぎると、杉並区玉川上水永泉寺緑地という標識が現れ、遊歩道が右手に分かれてゆく。ここから先、約2Kmほどは玉川上水公園として細長い公園が続いている。この区間は甲州街道とほぼ並行している。なお、この敷地の下には先ほど地上に姿を見せた鋼管が埋設されている。
10時頃四谷大木戸を出発し、もう12時半を過ぎた。そのうちコンビニがあるだろうと思っているうちにここまで来てしまった。少々あせり始めた頃、タイミングよくコンビニが見えた。少々寒かったが、日のあたる緑道のベンチであたたかい弁当を食べた。

地上に現れた大口径送水管

井の頭線を渡る送水管(明大前駅付近)

このような緑道が約2Km続いている

杉並区玉川上水永泉寺緑地

おなかもいっぱいになり、また元気に歩き始める。しかし、緑道はその少し先で甲州街道にぶつかり終わりとなる。ここまで甲州街道の上を走ってきた首都高速4号線(中央高速)がここで右に分かれてゆき、その下を玉川上水水路敷が通っている。玉川上水跡をたどるためには、この高速道路沿いの都道を約2.5Kmほど歩かなければならない。緑道で昼食を食べておいてよかった。こんな道をおなかをすかせて歩くのではうんざりしてしまうところだった。
老人施設「浴風会」の少し先でようやく玉川上水路敷は右に分かれてゆく。分岐点から玉川上水が姿をあらわす浅間橋までの間は短い距離だが緑の公園となっている。ここまでの長い無味乾燥な都道歩きの後だけに本当にホッとする。

F 玉川上水旧水路2
笹塚駅の先で再び姿をあらわす旧水路。この辺りは水がせき止められ、池のようになっており、鯉が泳ぐ姿も見られる

F-2 玉川上水旧水路3
この区間の旧水路250mくらいは水量も豊富に見え、かつての玉川上水を髣髴とさせてくれる

都道から上水跡が分岐する付近
この少し先に浅間橋があり、玉川上水が姿をあらわす。長い都道歩きの後だけにホッとする場所だ

首都高速下を通る玉川上水水路敷
甲州街道と並行して続いていた緑道は上北沢付近で右に分かれ、首都高速の下を通るようになる。これが約2.5Km続く

少し先に浅間橋跡があり、ここから玉川上水が姿をあらわす。ようやくここからが本格的な玉川上水ウォーキングのスタート地点になる。玉川上水路としてはここまで多摩川からずっと開渠で続いているのだ。小平監視所からここまで流れてきた処理水は、ここで暗渠になり神田川に放流される。、なお、浅間橋までは井の頭線の富士見が丘下車が一番近いようだ。NHK運動場を目安に歩けば、玉川上水はその脇を流れているので分かりやすい。

浅間橋上流の玉川上水
ここから先の上流には昔の玉川上水の姿が残っている

浅間橋跡
ここから玉川上水は暗渠化され、ここまで流れてきた水は神田川に放流される

浅間橋から上流の玉川上水は昔のままの姿が残されている。今は変わり果ててしまった下流側も同じような風景が続いていたのだろう。淀橋浄水場が閉鎖されて以後40年間の下流側の変化は大きかった。そして、その変化の波は杉並区に残された最後の開渠部分であるこの1.3Kmの区間にも及ぼうとしている。この水路の両側に大型道路計画が住民の反対を押し切って決定されたというのだ。東京都は、先に玉川上水の開渠部分を「玉川上水歴史環境保全地域」と定めた。ぜひ、知恵をしぼってこの趣旨を生かす努力をしてほしいものだ。

杉並区内を流れる玉川上水2
この付近には旧久我山水衛所があった

杉並区内を流れる玉川上水(久我山付近)

人見街道の通る牟礼橋を過ぎると、杉並区から三鷹市になる。ここから先の玉川上水沿いにも武蔵野の面影はたっぷりと残っている。車の通らない小さな橋をいくつか越えると、やがて上水は井の頭公園区域に入ってゆく。今は冬なので木々は葉を落としているが、、新緑や紅葉の頃はこの辺りの風景はすばらしい。ここを流れる玉川上水には、昭和41年までは水量たっぷりの水が勢いよく流れていた。私も若い頃この辺で玉川上水を見た記憶があるが、今からは想像できないほど深く速い流れで、、ここに落ちたら助からないなという印象だった。

吉祥寺通りの万助橋を過ぎ、むらさき橋に着いたところで橋の写真をとっていたら中年の女性に声をかけられた。「この石はどこにあるのかご存知ですか」とガイドブックの写真を指差すのだが、「さあー分かりませんね」とそっけなく答えてしまった。後で調べてみるとこの石は「玉鹿石」といって太宰治が玉川上水に身を投げたときの大体の場所を示す記念碑的なものだそうで、石は青森県北津軽郡から取り寄せたものらしい。私も旅の終わりで少々疲れていたので、この日は探す元気もなくそのまま三鷹駅に向かった。駅に着いたのは15:20頃だった。



   


四谷大木戸跡〜玉川上水旧水路緑道〜笹塚旧水路〜代田橋旧水路〜明大前上水公園〜杉並区上水公園〜(上水路敷に沿った都道)〜玉川上水・浅間橋〜久我山〜井の頭公園〜三鷹駅     約18Km

C 大山町付近の緑道
この付近も程よい林が続いており、四季それぞれの散歩が楽しめる

B 初台付近の玉川上水旧水路緑道
山手通りを渡った後、本格的な緑道公園になる

G-3 明治風煉瓦造りの護岸が残る旧水路

G-2 代田橋駅下を通る旧水路

和泉給水所先の玉川上水公園
浄水場から和泉給水所までの送水管がこの下を通っている

東京都水道局和泉給水所
甲州街道から井の頭通りに入ってすぐのところにある新宿方面に給水する施設

玉川上水を歩く1

2005年2月5日、私は四谷大木戸にあった玉川上水水番所跡に立った。ここから羽村の取水堰まで約43Kmを何回かに分けて歩きとおす予定で、今日はその第1回目である。

A 最近整備された緑道
文化服装学院付近から始まり既存の緑道につながる

@ 新宿御苑脇の遊歩道
御苑の閉門時間に合わせて門が閉じられる。無料