玉川上水新水路のこと

ここで、明治時代に作られた「玉川上水新水路」の話をしましょう。この「新水路」は私の住む幡ヶ谷地域にとっては非常に大きな位置を占めていました。私も「今の水道道路には昔、川が流れていて周りはみんな田圃で他には何もなかった」と、近所のお年寄りの話で聞いていました。

「玉川上水は、老朽化や流域の状況変化により水質悪化が進み、明治19年のコレラの大流行で水道の衛生面が問題となり、近代水道の敷設が急務となった。・・・
当初の計画案では、玉川上水の水をそのまま利用して、千駄ヶ谷(現在の高島屋タイムズスクエア付近)に浄水場を作り配水するという案であったが、地質等の調査により淀橋台地に変更され、そのため新たな水路が必要になった。この新水路は、蛇行していた玉川上水を、和田堀から淀橋までを直線的に結び、築堤上を流すものであり、渋谷区内の笹塚、幡ヶ谷、本町を通ることになった。明治26年(1893年)に淀橋浄水場の建設と新水路の開削が起工され、明治31年(1898年)に竣工した。」  「図説渋谷区史」(平成15年3月渋谷区発行)より

この新水路は中間の区域が浄水場より低いので、土手を築きその上にコンクリートづくりの開渠を乗せることになりました。新しい水路の通る地域の住民としては、水路により生活域が分断されるし、川を越えるために高い土手を登らなくてはならないし、不便を強いられたようです。さらに決定的だったのは、地震による堤防の決壊です。大正10年の地震により水路の一部が決壊し、大洪水となって周辺の民家・農地に甚大な被害を及ぼしました。鉄網コンクリートによる補強を行いましたが、2年後の関東大震災の被害はさらに甚大で、復旧通水に13日かかりました。この間、予備水路として残されていた玉川上水旧水路が使用されました。

当時、新水路に並行している甲州街道の拡幅計画が進行中でした。これに便乗し、拡幅部分に鋼管水路を埋設して、地下で浄水場と連結する方法が検討されました。
昭和12年(1937年)、和田堀町地先から地下に潜り、代田橋で街道下に移り、角筈で左折して浄水場につながる埋設管による新々水路が完成しました。不要となった新水路は撤去されて、道路が建設されています。杉並区方南1−2に始まり、新宿区西新宿3−8に至る水道道路がこれです。これらの関係を図に示すと、下図のようになります。また、下の写真は、当時の新水路と現在の水道道路の様子です。

玉川上水歴史コーナー

天正18年(1590年)に江戸入りした家康(1542〜1616年)に始まり、家光(1604〜1651年)の代まで続いた江戸のまちづくりの総仕上げは、第4代将軍家綱(1641〜1680年)治下の承応2年(1653年)に施工された玉川上水の開削でした。
玉川上水の開削は、江戸の水事情を安堵させるとともに、沿岸流域に展開した用水路は、武蔵野台地の原野を穀倉地帯に変えています。玉川上水の開削は、先見性のあった江戸幕府の偉業であり、江戸幕府が東京に贈った大きな遺産でもあります。

玉川上水は、人間のために人間が作った川です。それだけに人間くさい、どろどろしたエピソードなどもたくさん残されています。ここでは、玉川上水の歴史について、あまり知られていないことも含めて気の向くままに記してみたいと思います。

玉川上水のあらまし

玉川上水の概要

開削の目的 @江戸市民に飲料水を供給する   A武蔵野の新田開発を進める
設計・施工者 玉川庄右衛門、清右衛門兄弟 (玉川兄弟の出自については不明な点が多い)
開削時期 承応2年(1653年)4月4日から11月15日まで
水路の状況 ・羽村取水口(多摩川)から四谷大木戸まで約43Km。 高度差90m(平均傾斜2/1000)
  川幅平均:約二間余、水深:常水四尺、取水口から四谷大木戸までの橋の数:82箇所)
・江戸市中の水路・・・石樋、木樋を地中に埋めた。(総延長約85Km)
水路の地形 ・武蔵野台地の尾根にあたるところ(分水背)を選んで掘削している。このためたくさんの分水口がある。(総数34口という)
工費 「上水記」によると、幕府より6000両が前金で支払われたという
(参考)
 上水記
天明8年から寛政3年(1788から791)、普請奉行石野広通が作成した10巻構成の江戸上水道にかかわる幕府の公式記録

玉川兄弟のこと

玉川上水といえば玉川兄弟のことが思い浮かびます。兄弟は、江戸の町で土建業をやっていて、玉川上水建設にあたって建設請負に名乗りをあげ、幕府から請負元として指定されました。現在のゼネコンみたいなものと考えればよいと思います。兄の庄右衛門が社長、弟の清右衛門が技術担当役員というところでしょう。この兄弟が現地の測量から現場作業員の手配まですべてを取り仕切ったと考えられます。

庄右衛門、清右衛門の兄弟は、上水完成の功により玉川姓と帯刀を許され、上水役として上水の管理を任されることになりました。しかし、その後3代目に至り、水道料金取立てにかかわる不正を暴かれ御役御免となり、苗字・帯刀も取り上げられてしまいます。その後、兄弟の消息は不明となってしまうのですが、明治44年になってから従五位の勲章が授けられ、名誉回復しました。ところが、不思議なことにその後、このときの位記を持っているという人が二人現れました。双方とも自家の家系図を元に主張しているようですが、真相は分かりません。
兄弟の出身についてもさまざまな説があり、一定していません。昭和33年に羽村取水口の近くに兄弟の銅像が建てられ、このときは羽村出身の加藤家の出ということで町の関係者等が尽力したのですが、この説も根拠がくずれたようです。要するに系図をたどってゆくとあるところで分からなくなってしまうというのが実態のようです。

松平伊豆守信綱と野火止用水

松平伊豆守信綱は、玉川上水建設の幕府の総責任者でした。このとき将軍家綱はわずか12歳、伊豆守は幕府総奉行老中で、川越藩主でした。
伊豆守は領内野火止村の開拓を計画し、家臣安松金右衛門(土木技術者)に命じて、多摩川からの引水を検討させました。玉川上水完成の承応2年(1653)11月の翌3年に、恩賞として小川村からの分水を即座に許可され、承応4年3月に野火止用水を完成しました。
分水は江戸への飲料水に直接影響するので、その許認可には厳格な審査と長い期日、さらに高額の分水料金を必要としました。しかし、野火止用水の取水口は羽村取水口の約1/3で、しかも無料でした。しかも、野火止用水は幕府直轄領以外の唯一の分水であり、川越藩の領民以外には使えない水でした。幕閣中枢の筆頭官僚であれば、野火止用水にかかわる数々の裁量は、意のままに容易なことであったろうと想像されます。
伊豆守は、川越藩の領民からは名君と崇められても、通過沿岸の住民からは幕閣の権勢を利用して自藩の繁栄を図った非情の為政者とそしられても致し方ないところです。
用水路は毛細血管のごとく領内に分岐され、野火止村一帯の荒野は一大穀倉地帯に変貌しました。そしてこの豊穣の地野火止領は、松平家移封(高崎藩)の後も松平家所領として残されました。
伊豆守の強引な我田引水、その後の一族の権益確保の画策など、イメージとしては大変ダーティですが、平林寺の境内林に見られるごとく、現代の我々にも大きな遺産を残したという点では偉大な人物ということになるのでしょう。
平林寺には伊豆守をはじめとする一族の広大な墓地があり、その一隅に野火止用水完成の立役者・安松金右衛門の墓も建てられていました。(写真は平林寺、松平伊豆守の墓所)




 玉川上水に関する参考書
 
 本文作成に当たり主に参考にした書物は次の通りです。

玉川上水物語・・・平井英次著 教育報道社 昭和62年7月発行
・玉川上水・・・・・・アサヒタウンズ編 けやき出版 昭和63年7月発行
・渋谷の玉川上水・・・渋谷区白根記念郷土文化舘編  昭和60年3月発行
・図説渋谷区史・・・渋谷区教育委員会編 平成15年3月発行
・変貌する玉川上水・・・・恩田政行著 青山第1出版 2002年2月発行
・玉川上水紀元・・・・・・・恩田政行著 青山第1出版 1997年5月発行
・玉川上水に纏う疑惑・・恩田政行著 青山第1出版 1995年5月発行
・幡ヶ谷郷土誌・・・・堀切森之助編 平成5年3月(復刻版)発行
・東京近代水道100年史・・・東京都水道局発行






現在の水道道路風景
かつて、ここに玉川上水新水路が流れていた

玉川上水新水路風景 (石井鶴三 版画)
(図説渋谷区史より転載)

玉川上水を歩く